2018年12月の振り返り

2018年12月の振り返り

どうも、振り返り推進委員会です。主な仕事は人々に振り返りの素晴らしを解き、振り返りを推奨して回ることです。振り返りはいいぞ。

さて、毎月月初に書いているこの振り返り記事ですが、今回で一旦お終いにします。理由は、去年後半あたりからこれとは別に日記記事を書いていて、そっちに振り返りの要素を持たせて一本化したいからです。振り返り推進委員会として振り返りは続けていきますのでご安心ください。

さて、それでは振り返りをどうぞ。








振り返りを振り返る

昨年のベストアルバム。これを書きたくてブログを始めたようなものなので、今年も書けて本当に楽しかった振り返り。

2017年の年末ベストは10枚しか載せてないですが、今年は膨らんで30枚。去年の抱負通りに音楽を聴きまくった自分に拍手だ。

続いて色々ベスト。これは僕が去年から書いている、10選も挙げるほどでもないけれども僕の1年間を彩った種々のカルチャーを紹介する記事。面白いので是非。

 

12月を振り返る

実に飲み会だらけの1ヶ月だった。

広告代理店の場合、年末には社内・クライアント・媒体社との飲み会が各所で勃発する。僕も去年と比べると関わる仕事が増えたこともあり、容赦のない飲み会旋風に巻き込まれた。さらにはプライベートの忘年会も重なり、平日5日中4日飲み会の週もあったくらいだ。

とはいえ僕は飲み会って全然嫌いではない。元々おしゃべりは大好きだし、普段はほとんど仕事でしか会話をしない相手と、フランクにいろんなことを話すのは楽しい。しかもそうして人となりを知った上でする仕事の方が色々とスムーズだ。

昔から思っているのは、他人との会話って、自分の思考とか価値観を再確認する作業だということだ。

その人の思考や文化に触れると、自然と自分の思考と文化との比較が生まれる。この比較ってめちゃめちゃ大事で、この比較によって自分の輪郭がはっきりしてくるのだ。どうして自分はそう思うのか、それはどこから由来しているのか、自分が大切にしている思考や価値観はどうして大切なのか。それって自己対話でも分かることかもしれないけれども、他人との会話はあくまで客観的で、自分の思考を整理するきっかけになる。

この12月はひたすらそれを繰り返した1ヶ月でしたね。VIVA LA 飲み会。

 

2018年を振り返る

2018年を一言で振り返るなら「よく見聞きした年」だ。

音楽も漫画も文章も、とにかく色々なものに触れた。そこには人との出会いも含まれていて、特に大きかったのは『DRESS CODE.』の平岡さんのメンター生に選ばれたことだろう。


彼のおかげで、ブログを通じた知人がグワッと増え、僕のブログの読者もグワッと増えた。それまでひたすら1人でブログを書き続けていた僕からすれば、それって途轍もない変化で、色々と刺激も影響も受けたし、生活も意識もガラッと変わったのだ。

前述の通り、人との会話が大好きな僕である。2019年も、もっと多くの人と出会い、話し、いろんな刺激を受けながら過ごしていきたい。

ちなみに去年立てた抱負を読み返していたのだけれども、達成できてないことも結構多い。というのも1年の中で自分の考え方が変わってるからだと気が付いた。抱負を立てるのは大事だけれども、それに縛られすぎるのもよくないよな。

 

おわりに

という訳でこの振り返り記事は今回でおしまい!これからは日記の方をよろしくお願いします!

 

関連記事・スポンサードリンク