2018年1月の振り返り

この冬はちょっと寒すぎやしないか。記憶に新しい大雪もそうなのだが、単純に気温が低い気がする。思えば夏も寒かったし、秋なんて気が付いたら終わっていた。こうしてブログを書いている今まさに東京には雪が降っていて、僕は明日会社無くならねぇかなぁと思っている。

ちなみにアイキャッチは雪の日の消火栓。色の対比が可愛かった。

さてさて、今年からはこうやって毎月の振り返りをしていこうと思う。その月僕が何をしていたのかを思い出しながら、僕がどんな人間で何を考え何をしていたのかを、数少ないであろう読者の方々に知ってほしい。あと来年になって読み返してみて「こんなことしてなぁ」って言うやつがやりたいのです。

それでは早速








年末年始

ただただ遊び呆けた。

1日はずっと逃げ恥を見て、それ以降は毎夜飲みに出かけては誰かしらと4時5時まで過ごす日々。超楽しかった。どうせやることもないので昼過ぎまで寝て、夕方になるとまた活動。完全に昼夜逆転の生活にどうやら臓器が弱ったらしく、5日から9日くらいまでずっとお腹下してました。とはいえ来年もこうして遊び呆けたい。まだ若いしなんとかなる。

おみくじは大吉だったし、初売りで爆買いもしたし、休みの時期使ってDIYしたりと楽しく有意義に過ごしたんじゃないかな。

ディアウォールで本棚をDIYしました

 

ブログ

1月は全部で15記事書いてました。

2日に1本のペースなので悪くはないですが、今年の目標は3日で2本。もう少しアウトプットのスピードを上げなければと感じてます。

ドラマや音楽とかから刺激を受けることが増えたからか、最近物事の考え方とか感受性が鋭くなった気がする。同じものを聞いてもグッとくるポイントが昔とは違ったりして、やっぱりインプットし続けるのは大事なんだなぁと。特に年末のベスト記事とか読んで興味持って聞いたアルバムとかが多くて、自分で考えながら、他の人の考えも含めて聞く感じが楽しくて、もうしばらくはこれで楽しめそうだなって感じ。

今月は坂元裕二『anone』がそれはもう面白くて、Netflixで『いつ恋』と同時進行で見ているのだけれども、坂元裕二の言葉のセンスにひたすら感服。今度記事にするけど世のドラマ評って本当に当てにならないので自分の感性を信じて面白いものを探すのが吉。

漫画だと『キングダム』の49巻が最高。100年に1度の漫画だ本当に。あと『7seeds』の外伝。本編の後日譚みたいな立ち位置なのだけれども、こう、僕ら読者へのレクイエムとでも言うか、とにかく救いの一冊だった。

僕が本気で面白いと思う漫画を紹介します

 

仕事

最近にわかに仕事が忙しくなってきた。幸い僕はデジタル広告の仕事が完璧に楽しいので全然辛くはないのだが、ミスった時に自分のメンタルが受けるダメージが思いの外大きくてウケる。丸1日くらい引きずった後で割と活力に変わるから別にいいんだと思う。この2週間くらいで、ある程度仕事に埋もれている方が仕事が楽しくなってきたので俺はそう言うタイプなのかもしれないという気付きを得る。ただ帰りたい時には帰りたいんだよな。

あと最近はビジネス書とか読み始めてる。ただ漫然と仕事をするだけじゃなくて、もうちょっと複合的な視点とか、今の領域以外の部分の知識とか付けたくて、本読むのが近道だっていろんな人が言ってたので実践。

今はコトラーのマーケティングの本。ちょっと古いけど初歩の初歩から勉強したかったので。良し悪しを判断するには経験値が足りなすぎるのだけれども、少なくともちゃんと知識になっている感じはある。

雑記 – メガネ

永らく出していなかった調整に僕の愛メガネを初めて出したんですが、いいメガネって調整するとすげーんだな。

こう、顔にバッチーン!ってハマる感じというか。とにかくJinsとかZoffとかのやつとは一線を画してます。

でもあの調整って、どこのパーツをどういじってるんだろう。その調整は半永久的に続けられるものなのだろうか。ギターのロッドみたいにどこかのタイミングで「このメガネはもう調整できません」みたいなことにはならないのだろうか。あまりにもぴったりフィットするものだから色々と疑ってしまう。

ともあれ今後は2〜3ヶ月くらいのペースで調整に出すべきなのだという知見を得た。

 

雑記 – 野菜

野菜の値段が高すぎる。ビットコインか。

ここまで値上がりしているのを見ると「なんか野菜にしてあげられることないかな?」という気になって、そもそもの価格高騰の原因を調べたら夏の長雨のせいだということがわかり、瞬時に「俺には何もできない」と悟ってしまった。

リアルに家計を直撃する問題だし、レタスや水菜も地味に高いせいで家でサラダが作れないので、ランチでサラダおかわり自由のとことか行くと、思わずたくさん食べてサラダ貯金をしてしまう癖がついた。

一刻も早く値段が落ち着いて、家で食べる鍋が高級品みたいになってるこの異常なインフレ状態を脱したい。

 

おわりに

1月は会社の飲み会が多かったのでタダ飯にありつけるのがとても助かった。2月以降もありつきたい。

 

関連記事・スポンサードリンク