2018年4月の振り返り

9連休。実は社会人になって以来初の5以上の連休だ。5連休であってもありがたいことには変わりはないのだが、正直始まった瞬間から終わりが見えているというか、大型連休感が無い。ところが今回は9連休。既にEMCのアルバムを聴きながら実に怠惰な4日間を過ごしたのにまだまだ5日残ってる。正直もうやることない。

けど連休ってそこからが本当のスタートではなかろうか。

夜飲んでてもシレッと終電逃しちゃったり、昼過ぎまで寝て「あー、何食べよう」とか、グズグズしてる間に夕方になっちゃったり、普段会わない人と急に飲むことになったり。僕ら勤め人はそういう怠惰なアレコレから離れて久しいし、こんな生活は学生時代を思い出して実にノスタルジーだ。

旅行とか行くのももちろんいいのだが、こういう怠惰でグータラな9連休、必要だ。

さてさて、年度も変わって4月。仕事始まって以来の忙しさで迎えた4月を振り返ろうではないか。BGMはスチャダラパイセンの『サマージャム ’95』なんていかがですかね。








仕事

やばい。終電で帰る日が週2〜3日ある感じ。やっと広告代理店らしくなってきたぜ・・・!

今はまだ仕事忙しい自分に酔っていられるが、これがあと2〜3ヶ月続いたら流石にちょっとまずい。プライベートをものすごく圧迫されるし、夜遅いから疲れてて朝も起きられない。何よりマジでブログが書けない。

とは言ったものの、この「ゴリゴリ働く期」は若いうちに絶対必要だと思ってたし、前述の通りまだ「俺ヤってる」感で心を騙しながらやれてるので今はそんなに辛くない。とはいえ僕の心もそこまで阿呆ではない。自分で自分を騙しながらやれるのも残り2〜3ヶ月が限度。それまでになんとか今抱えている仕事を少しずつ減らしていかねばという気持ち。

あとこないだ『イッテQ』でみやぞんが良いこと言ってたので見習いたい。

あと給料な。上がれ。

 

Twitter

最近頑張ってんのよTwitter。

このツイートでも若干メンションしてるけど、まずはTwitter内における僕のプレゼンスを高めるというフェイズ。僕の毎月のツイート数ってこれまで50〜70とかでめちゃめちゃ少ない。なのでまずは単純にツイート数を増やして、人が見た時に有益な情報を発信しているアカウントだって認識されるようになる。そのためにはリツイートたくさんされなきゃいけないし、ハッシュタグとか使って一人でも多くの人の目に触れなきゃならない。

とりあえず今月はそういう目的で発信しまくったところ、フォロワーが20%増えました!!母数が小さいので絶対量で見ると大したことないけれども、このまま20%成長を続けていけば来年の今頃にはフォロワー2,000人に届くっぽい。気合い入れて頑張りたい。

という訳でよかったらフォローください!→@repezen0819

 

映画

昨日は『レディプレイヤーワン』、その前はコナンの最新作を観に行ったし、その前には『バーフバリ』を観に行った。

『バーフバリ 王の凱旋』がエンタメとしてとにかく最強だった

とまあ比較的映画も観るようにはなったものの、この世に映画ありすぎん?

映画館に行く度に観たい映画は増えるし、1本の映画を観る度に複数の映画の予告編を強制的に視聴させるあのやり方はもはやネズミ講だ。過去作なんかに目を向けようものなら人生の1周や2周ではとても足りないし、これから何本の映画を見逃す事になるのかと考えると気が重くなる。

観たい映画と有限の時間、皆どうやってこれに折り合いをつけているのだ。僕は無理だ。片っ端から観たくなってしまう。こんな事なら映画と出会いたくなかった。

とりあえず今は未消化の高橋一生主演『Blank13』、『アベンジャーズ』、『リズと青い鳥』、『ジュマンジ』あたりが観たい。誰か一緒に行きましょう。

 

RICOH GRⅡ

カメラ買ったんですよ僕。

カメラの事が何もわからないド初心者の僕が『RICOH GRⅡ』買った

なんで買ったかとか、僕がカメラ初心者である事とかは上記の記事を読んでいただいて、ここでは簡潔に僕の生活がこのカメラの出現によってどう変わったかだけ話そう。

①:料理の写真が美味しそうになった

こんな感じ。

ど素人が適当に撮ってこんな美味しそうに撮れるだなんて・・・!

という訳で今後はお店の紹介の記事とかが増えるかもしれません。

②:飲み会の写真とか、毎日の楽しいことが記録できるようになった

これはあまりブログには影響は無いのだが、単純に毎日がちょっとだけ楽しくなっている。

常にカバンに潜ませておいて、「あ、なんかいいな」って思ったものがあったらすぐパシャり。「今日の飲み会楽しいな」って思ったらパシャり。猫がいたらパシャり。空綺麗だったらパシャり。

とにかく撮りたい!って思った瞬間にすぐ撮れる状態になってくれるGRちゃんは僕のスタイルに完璧に合っていて、完全に最高の相棒だ。

 

おわりに

この連休中はカルチャー面でのインプットがものすごいことになっていて、アウトプットのスピード上げないとなって思っている。とはいえクオリティとか熱量は落としたくないし、すごい作品であればあるほど僕のレビューもすごいものにしたいので難しいところ。

とりあえず今はこの本が素晴らしすぎて早くレビュー書きたい。本当に名著だから全員読むべきだマジで。

記事:花田菜々子『出会い系サイトで70人と実際にあってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』が学びの多すぎる超名著だった

 

関連記事・スポンサードリンク