カメラの事が何も分からないド初心者の僕が『RICOH GRⅡ』買った

構図?ISO値?RAWで現像?

何の事だかサッパリ分からないぜ!

今まで写真なんてiPhoneでしか撮ったことのなかった僕が初めて買った高級コンデジ『RICOH GRⅡ』

カメラの知識ゼロの僕がカメラのレビューを書こうだなんてちゃんちゃらおかしな話なのだが、逆にカメラ初心者の方には最強に頼りになるレビューとなるはずなので、GRの購入を迷っているカメラ初心者はアホほど参考になると思うので読むべきマジで。








RICOH GRにした理由

カメラの知識が皆無の僕には、星の数ほどあるカメラの中からGRを選んだ小難しい理由なんて一つもなく、強いていうなら「昔から欲しかったから」の一点に尽きる。

昔から読んでいる観音クリエイションさんの『mozlog』でRICOH GRの記事を読んで、「なんかこのカメラかっこいい」って思ったのが最初。その後いくつかのブログを読んでいると、どうやら他のカメラと比べてこの辺のことが優れているらしい事が分かった。

  • 適当に撮ってもなんかいい感じになるらしい
  • レンズとか無いから持ち運びが楽らしい
  • コンデジというカメラの種類の中では最上級クラスらしい
  • 起動がめちゃ早いらしい

その中でも僕が一番心惹かれていたのは起動のスピード。実際に使ってみると分かるのだが、ポケットやカバンから取り出しながら電源を入れて、構えた瞬間にはもう撮れる状態になってる。「撮りたい」という気持ちと「撮れる」という状態にラグが無いのは、カメラ無精の僕からすれば一番ありがたい機能だった。iPhoneを使っていても気になるのは起動スピードだったし、爆速で起動するGRちゃんは僕のニーズに最適なカメラで、買うならこいつがいいなーとぼんやり考えていたものだ。

とはいえ高級カメラなので値が張るし、文章主体の僕のブログには綺麗な写真はさして重要ではないこともあり、カメラの購買意欲はかなり下火であった。

そんな僕がRICOH GRの衝動買いに至ったのは、ひとえにブロガー諸先輩方の後押しのおかげである。

 

ブロガーの物欲

舐めていた。ブロガー諸先輩方の物欲と、「人にモノを買わせたい」という欲求を。

ブロガーというのは基本的に三度の飯よりもカメラが好きな生き物である(若干の誇張あり)。カメラの話をさせればそのトークは実に淀みなく、放っておけば年が明けるまでその話題で酒を飲むのではないかと疑うほどカメラへの愛は深い。

かたや僕。カメラ持たず、写真撮らず、撮ったとしてもiPhoneカメラ。綺麗な写真に憧れはすれど、それを自分が撮るとは微塵も想像していない全くのカメラ音痴である。

その日の飲み会も先輩方はカメラの話題で白熱し、僕はといえば彼らの迸るカメラ愛をうっとりと楽しみながらビールを飲んでいた。そんな折、僕に白羽の矢が立った。

「ピザはカメラ買わないの?」

サークルと会社で鍛え上げられた生粋の先輩っ子こと僕である。これほどまでにカメラ愛の強い先輩方の前で「いやカメラは要らないっすねぇ」とは口が裂けても言えない。とはいえカメラの知識など全くない。そうだ、あれがあるではないか。

「あんま考えたことなかったですけど、昔からRICOHのGRカッコいいなって思ってるんですよねー」

この発言が、彼らの「人にモノを買わせたい」欲求に火をつけたらしい。

「渋い」だの「似合う」だの「使ってるの想像できる」だの「セオリー全部無視してめっちゃイイ写真撮りそう」だの、とにかく考えられる限りの営業トークを浴びせられ続け、おだてられさえすれば豚すらも木に登る世界である。僕はその場でRICOH GRⅡをポチっていた。

この時の僕は完全に「GRが似合う僕」に酔っていた(酔わされていた)し、実際にこのカメラを気軽にポケットから取り出してシレッと写真を撮る自分の姿は妙にリアルに想像できて、これは僕のためのカメラなのでは?とすら思っていたのだ。

*今は面白おかしくこんな書き方をしていますが、ブロガー諸先輩方は本当に素晴らしい方々なので、心の底から僕のことを想って助言をくれていたのだと思います。みなさんのおかげで、本来あるはずのないカメラが今手元にある幸せ。本当にありがとうございます。

 

使用感

さて、買い方こそ衝動買いなものの、実際の使用感はというと1500点満点だ。

前述の通り起動スピードは爆速だし、料理の写真とか適当に撮ってるのにすごく美味しそうに映る。デザインも黒一色で無骨な感じがかっこいいし、コンパクトなのでポケットにも楽々入る。

機能もコンデジとは思えない程高性能らしく、先日カメラが趣味の友人にこのカメラを見せた時「これもいじれんの!?」「この機能まで付いてるの!?」「このコンデジどんだけ最強なの!?」と驚かれ、訳も分からずただただ鼻が高かったものだ。(ちなみに数多く備わっているボタンの内、僕が使ったことがあるのは4つくらい)

ブツ撮り、とかよく分からないけれども、とりあえず外観くらい載せておくとレビューっぽくなるかしら。生憎僕はカメラを撮るカメラを持っていないのでiPhoneで失礼。

正面。真っ黒、シンプル、無骨、かっこいい。

背面。AFLやC-AFとはまだ仲良くなれていないので触らないことにしている。

上面。右のダイヤルはくるくる回すと楽しい、ということ以外何も分かっていない。

 

作例

正直作例だなんていうのもおこがましいくらいで、ただ散歩したりご飯食べてる途中で写真を撮っただけのこと。

とはいえズブの初心者が何の前知識もない状態で撮れる写真、という意味ではものすごく参考になるはずなので何枚か載せておく。

 

一点特化

使ってて思うのは「手軽に素早く撮ること」に特化したカメラだということ。なんかそういうの「スナップ」っていうらしい。

街中で「このシーンいいな」って思ったタイミングや、料理が出てきてアツアツの瞬間だったり、人の素敵な表情を逃さずに切り取ることができるカメラ。その一点のみを見つめて作られているこのGRというカメラの在り方は、日本刀とか『バーフバリ』みたいだ。

才能のあるバカが人を楽しませたい一心で作られたこの映画。その不器用な在り方はシンプルながら最強だ。

created by Rinker
¥3,918
(2018/11/14 07:24:47時点 Amazon調べ-詳細)

『バーフバリ 王の凱旋』がエンタメとしてとにかく最強だった

シンプルということは迷わないということ。安部公房『鞄』でもあったように、選択肢が多いから迷うのであって、やれることが一つに絞られていれば、人は自ずとその道を進むのだ。

素早く、自分の撮りたい時に撮ること。GRなら、それが間違いなく実現できる。

 

おわりに

写真の上達は反復練習しかないと思ってるので、とりあえず毎日持ち歩いて色々と撮りまくろうと思ってます!!!

諸先輩方は色々と教えてください。

 

関連記事・スポンサードリンク