SHUREがけが嫌いな僕が今まで使ってきたヘッドホン・イヤホンまとめる

僕は音源とか割といい音で聴きたいんで、毎回イヤホン等のAV機器は多少選んで使っているつもりです。

ですが人よりちょっと物忘れの才能に恵まれてしまったためそれらのイヤホンもすぐ失くします。財布もものすごい頻度で失くします。そのため自戒の意味を込めて現在はiPhoneについてくる白いやつを使っています。

とはいえカナル型じゃないから電車の中だと外の音めっちゃ入ってくるし、耳も痛くなるし音漏れも心配だとかなんとか難癖つけまくって性懲りも無くまた新しいイヤホンを買おうとしているので、今まで使ってきたイヤホンに感謝の気持ちとお別れをちゃんと伝えようということでまとめてみました!

 








僕の耳の特徴

・SHUREがけが嫌い

・基本的には全部の音がフラットに鳴るやつが好き

・ドンシャリよりかは中音強めのクリアなサウンドが好き

・音圧も大事だよね

 

初代イヤホン:Marshall Minor Headphone

当時はオーディオなんて何の興味もなく、周りがBOSEの黒と白のシマウマみたいなイヤホンや、Beatsとかいうバスケ選手がこぞって使いそうなヘッドフォンにお熱だったあの時期。これを見つけた時の衝撃は忘れないですね。『カッッッッケェ!』って。ほんとそれだけ。だってギターやってるしMarshallがイヤホン出すなんて、人と違うものを使って個性を出していきた当時17、8の僕には買わない手がなかったです。

音はまあ、Marshallだし、どドンシャリ。それも中音をないがしろにするタイプのドンシャリ。でも見た目はほんっとにかっこいいから。当時の僕にはそれだけで十分でした。あと今リンク貼ってるやつ、僕が買った時は1万もしなかったはずなんですけど、すごい高くなってますね。調べたら色も幾つか出てて、そっちはまだ安かったです。

一応リンク

 

二代目イヤホン:DENON AH-C710K

高校とMarshallのイヤホンを卒業したてのまあまあいきってる時期に購入したこのイヤホン。あの時は「低音がいい」って言っておけば市民権を獲得できたので引き続きドンシャリサウンドのこれを使っていましたね。値段も1万しないし、手が出しやすかったってのもあります。タッチノイズが酷いのが気になっていたんですが、今カスタマーレビューを読んでみるとそれも改善されている模様。というか欠点として考えられたものが大分改善されているので今すげーいいイヤホンになってるんじゃね?って気がしてきてる。やっぱ国内メーカー強いわ。保証も効くし修理出しやすいし。

音はただ低音が強いだけのドンシャリではなく、高音も爽やかに鳴らしてくれるので結構聞きやすかったです。今でも普通にオススメできるイヤホンですね。

 

三代目イヤホン:Klipsch X10

先代のDENONを1年ほど使ったところで紛失したため購入。たまたま小金を持っていたので背伸びしてちょっといいやつにしたのを覚えてます。本体がすごく軽いし、イヤーピースの形も人間の耳に合うように楕円形になってるので、つけ続けても疲れないのが良かったですね〜。特徴はものすごく綺麗な高音域で、よくレビューとかにもあるんですけど女性ボーカルの声は超のびやかに聞こえます。ボーカルだけじゃなくて、ギターとかキーボとかの上物もすごく綺麗に聞こえるのでとても気に入ってました。もちろん高音だけじゃなくて全音域粒が立っていていろいろな音がかなりクリアに聞こえます。普通にいいやつです。

欠点としては脆弱性ですかね。ケーブルも細いしスピーカー部もかなり儚げなフォルムであるにもかかわらずリケーブルができないので電車などの人混みで使う時はいっつもヒヤヒヤしてました。

今上にリンク貼ってあるやつは70周年記念で発売されたものらしく、現行品よりかなり安くなってますね。お買い得。

 

四代目イヤホン:SHURE SE112

僕SHUREってあんまり好きじゃないんですよね。っていうのもまずSHUREがけが本当に嫌い。あとSHURE使ってると『優等生』感が出るっていうか、良くも悪くも冒険しないみたいなイメージがあるのでSHURE製品は毎回候補にすら入れていなかったのですが、三代目のKlipschちゃんを失くした時がド金欠の時期で、そのタイミングで発売されたのがこいつでした。

特徴は何と言ってもその価格。大体1万を優に超えてくるSHUREの中において5000円というお手軽プライス。そしてSHUREがけをしなくてもいいそのフォルム!最高でしょ。Klipschちゃんを失ったダメージが精神的にも財布的にも大きすぎた僕に、このプチプラでSHUREが手に入るという状況がまさに地獄に垂れた蜘蛛の糸。試聴して、普通にSHUREの音だったんですが、「なんだ普通のSHUREじゃねぇか」とは思えず「5000円でこの音なら最高!エイジング進めば俺の好みのクリアな音になるかもだし!」としか考えられなかった僕は軽度の催眠状態だったんでしょうね。

まあでも音は普通に好きな人は好きだと思います。低音が結構強いんですが、ボーカルとかはクリアに聞こえるという。ちなみにリケーブルはできませんので悪しからず。

 

 初代ヘッドホン:Bowers&Willkins P5

初代とは言いますが、ヘッドホンは実はこいつしか使ってません。急にヘッドホンかっこよくね?ってなってKlipschちゃんを使っている時期に並行して購入しました。ヘッドホンってイヤホンよりもはるかにファッション性が増すし、音がいいのも大事だけど見た目がかっこいいってこともかなり重要だと思うんですよね。そんな僕のニーズをバッチリ満たしてくれたのがこれでした。

特徴は何と言ってもこのデザイン。クソかっけぇっしょ。ビビるわまじで。イヤーパッドはつけてみるとわかるんですが、見た目に反して遮音性がとても高い。耳に不思議とフィットする形なんですよね。長時間つけてると流石に痛くなってきますが、1時間くらいなら何の問題もありません。リケーブルもできます。

音はというと、音圧がすごい!!いっつも聞いている音量より1つか2つ上げるくらいがベストな音量だと思います。高音から低音まで解像度がすごくて全部の音がクリアに聞こえる。ボーカルの音域なんかはさらっとのびやかに鳴らしてくれるし、低音はかなりあたたかめで聞いてて疲れない。あとは音場の設定が僕好みで、下からは低音が、上の方からは高音がスゲェはっきりと聞こえます。

デザインも音質もかなり僕好みだったんでスゲェ気に入ってたんですが、なぜかたまに左だけ聞こえなくなるという怪現象が起き、リケーブルを試すも効果がなく、しかも完全に壊れたわけじゃなくてたまに聞こえなくなるだけなので買い換えるにも踏み切れず今も半現役で使っています。

 

 まとめ

以前悩んでいる時に店員さんに言われたことを今も胸に刻んで検討しています。

オーディオ機器は上を見ればきりがなく、本当にいい音を突き詰めていくと金額もどんどん高くなっていってしまう。大事なのは予算をしっかりと決めて、その中で折り合いをつけて購入することだ、と。

正にその通りだなぁと思ってます。自分の予算内で効用を最大化するイヤホン・ヘッドホンと出会えるといいですね。

僕の次のオーディオ予算は2万円です。

 

関連記事・スポンサードリンク










COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […] 以前書いた記事はこちら:SHUREがけが嫌いな僕が今まで使ってきたヘッドホン・イヤホンまとめる […]