渋谷クアトロで『柴田聡子』を観た

柴田聡子 “愛の休日” ツアーFINAL

7月6日@渋谷 CLUB QUATTRO

ぐぅ最高だった・・・

いつ思い出しても溜め息が出ちゃう素晴らしいライブ。今年観たライブはどれも抜群に素晴らしくて自分のライブ運に惚れ惚れとしてしまう。

今年のライブBest10には間違いなく入るであろう最高のライブを熱烈レビュー。



余談

以前こんな記事を書き、これが比較的アクセスを集めている今日この頃。

柴田聡子 – 『後悔』

柴田聡子 – 『愛の休日』から『あなたはあなた』

特に後悔の方の記事は「柴田聡子 ブス」の検索ワードの表示順位がトップです。「柴田聡子 ブス」という検索ワードでの流入が割とボリュームがあり、少なくない数の方が柴田聡子が可愛いのかブスなのか判断をつけかねているという現実がありありと浮かび上がった訳です。ありがとうございます。

ちなみに初めて生で見る柴田聡子、ステージに登場した瞬間は「おっ?可愛いぞ?」って思ったんですが、ライブが進むごとに「ん?やっぱ微妙・・・?」「いや、やっぱ可愛い・・・?」と次第に自分の目と心が信じられなくなっていく。一体彼女の何がそうさせるのか。深みにハマればハマるほど出られなくなる蟻地獄、もしくはキュートなのかセクシーなのか問われれば問われるほど分からなくなる松本あやのような存在である。

結論を申し上げれば「柴田聡子がブスなのか可愛いのかは絶対に分からない」という事が分かった。

 

感想

この日の編成は、どついたるねんのベースとドラム、謎のギター&キーボのおっさん、コーラス隊が2人というシンプルな編成。柴田聡子とどついたるねんの仲の良さは周知のところ。どつのPVにも何本も顔面どアップで出演してるしね。

さてこのライブ、何が最高ってセトリが最高。

まずは初っ端から『スプライト・フォー・ユー』→『後悔』→『大作戦』→『あなたはあなた』と、アルバム『愛の休日』の収録順に4曲。この流れが最高。どの曲も原曲の再現度が高くて、コーラス隊がたっぷり使われた『後悔』とかは良すぎてニヤニヤしちゃうレベル。周りの人を見ても同様にニヤニヤしていて最高みが増しました。

しかし、この時点で僕の大好きな『後悔』『あなたはあなた』という最高のポップチューン2曲を消化してしまい「え、この後セトリ大丈夫?」状態の僕。そしてそんな僕の心を見透かしなだめるかのように『ニューポニーテール』を繰り出す柴田聡子。とんだ策士である。

結局『カープファンの子』などの定番曲を織り交ぜながら、『愛の休日』に収録されている13曲は全て披露した今回のライブ。強く感じたのはセトリの盤石さである。

以前記事にもしている『後悔』『あなたはあなた』の2曲は彼女の手札の中でも指折りの名曲であることは疑いようがなく、この2曲と比較してしまうとどうしても他の曲が霞んでしまうような気がしていた。ところがどっこい、彼女の伸びやかな歌声とギターとの親和性を生で聞いた瞬間、彼女の楽曲はどれも音源を超えた不思議な魅力を放ち、僕らの心を捉えて離さないのである。『遊んで暮らして』『コーポオリンピア』など、音源では少し埋もれていたような楽曲たちがいちいち僕の心を震わす。

特に初めてバンド編成で聞いた『カープファンの子』と『ゆべし先輩』の素晴しさったらたまらない。弾き語りも勿論良いのだが、バンドサウンドで聞くこの2曲は圧倒的にこの日のベストアクトである。『カープファンの子』なんてものすごく暗い怨嗟の曲だと思っていたのだが、バンド編成で聞くとこれが最高にかっこいいのである。たまらないよ僕ぁ。

ギターが特別上手い訳ではない。時折コードを間違えるし、歌だって音程を決して完璧とは言い難い。なのだがそれを超えてあり余る『良さ』が彼女のライブにはありました。このタイプのアーティストっていつ行ってもパフォーマンスの高いライブをしてくれるから最高。

『シャムキャッツ』の夏目くんや『スカート』の澤部さんもライブを観に来てたし、その辺のシーンを代表するアーティストも注目している柴田聡子。今間違いなくキテる彼女のライブは一度行っておくべきだと思います。

 

おわりに

よろしければ昔の記事も読んでみてください

柴田聡子 – 『後悔』

柴田聡子 – 『愛の休日』から『あなたはあなた』

 

Twitterではもっとライトにカルチャーの事呟いてます!→@repezen0819



COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 2 )

コメントはまだありません。