表参道『清水湯』+『蕎麦きり みよた』のコンボ

以前サウナの素晴らしさを伝えるべく笹塚『マルシンスパ』に連れて行ったところ、完璧にどハマりして自分でもサウナに通うようになった友人がいるのだが、彼がよかったと言うので行ってきました表参道『清水湯』

そして道中で見つけた行列のできる蕎麦屋『蕎麦きり みよた』とのコンボが素晴らしかったので合わせて紹介させてくれ。








表参道『清水湯』

東京都心の一等地・表参道から徒歩3分ほどの場所にあるこの銭湯、外観からしてその辺の銭湯サウナとは一線を画すオシャレさである。

 

料金

タオルやシャンプー等諸々がついたサウナセットで1200円。

銭湯サウナにしては高いが、本格サウナ施設よりは安い。立地を考えるとこれくらいの値段で然るべきかもしれない。

 

内装

流石はデザイナーズ銭湯、とても綺麗。でっかい富士山こそないものの、下駄箱から脱衣所、風呂サウナに至るまでどれも清潔感たっぷり。

サウナ利用者は電子ロックのロッカーが使えて、鍵をかざすと開き、閉じる時はオートロックというハイテク仕様。ドライヤーが10円玉を使う昔ながらの仕様なのがちょっとアレだが、まあそれは良しとする。

 

サウナ

サウナストーブを使用したよくある銭湯サウナ。温度は若干低めだが、湿度が高めに設定されているので割と発汗は得られる。

欲を言えば温度も湿度ももう少し高い方が好みなのだが、このサウナの名前が「コンフォートサウナ」というだけあり、ゆっくりと時間をかけて汗をかくタイプのサウナなので仕方なかろう。

ちなみに女性の方のサウナはサウナストーンを使ったロウリュ式サウナらしくシンプルに羨ましい。。。

 

水風呂

18度と実に平均的な水温。しきじに行った3日後とかだったからどうしても比べてしまうが、銭湯サウナの水風呂にしてはキリッと冷たい感じがするし、割と綺麗で良い。

ポイントは都内の銭湯にありがちな小さい水風呂ではなく、4人くらい入れる割と大キャパの水風呂である点。水風呂難民になることがまずないのでありがたい。

 

休憩スペース

水風呂から少し離れた場所に3つのリラックスチェア。銭湯サウナであることを考えれば十分すぎる設備。

 

総評

かなりととのう。

 

蕎麦きり みよた

そしてこの日の収穫は何と言ってもこの蕎麦屋との黄金コンボである。

行列はできているものの回転が早いので比較的サクサク進む。客層は立地もあってか外人さんが多め。味もまずまずだし何よりコスパがとんでもない。

二枚板せいろ 610円。破格のボリュームとコスパ。

ミニ極みカツ丼+蕎麦せいろのセット 840円。蕎麦と丼モノという隙のないセット。ボリューム十分。コスパ最高。

カツ丼はぶっちゃけ火が通りすぎててお肉が硬くなってしまっていたのが残念だが、蕎麦はコシが少なめ味わいさっぱりで美味しい。というかこの値段で割と本格的な蕎麦が食べられるのでなんの文句もない。

おわりに

僕はサウナ前後は何も食べないか、もしくはサッと手軽に食べるのが好きなので、これくらいの価格帯・手軽さで食べられる店が近くにあると大変嬉しい。

 

関連記事・スポンサードリンク