奥渋谷『Pignon』のエキゾチックな料理たち

ここ最近、奥渋エリアが気になっている僕であります。

代々木上原と渋谷のちょうど中間らへんのあのエリアには、雰囲気も美味しさもお値段もいい感じのお店が群生している気配がするのでこれからガンガン開拓していきたい所存。

最近よく食べに行っている下北『Quore Forte』のソムリエさんから「ここは本当にめちゃくちゃ美味い」とオススメいただいたお店に行ってきました!

美味しいご飯を出すお店の人が美味しいっていうお店が美味しくない訳ありませんでした。








感想

食べログで調べるとフレンチのお店であると出てくるのだが、とてもフレンチであるとは言い難い。じゃあどんな料理なのかと聞かれると答えるのがものすごく難しいのだが、とにかくめっちゃくちゃ美味しい。イメージするなら『食戟のソーマ』に出てくる才波丈一郎の料理的な。スパイスを巧みに使いこなしながら、フレンチの料理にアジアっぽいテイストをゴリゴリミックスしていくような、かなりエキゾチックでアラビアンな料理たち。

羊のソーセージ。添えられているのがナスと人参のサラダと、ハリッサという辛味調味料。

このハリッサが辛いようで辛くなく、でもほんのりと辛みを残す絶妙な辛さなのだが、それ以上にハリッサによってプラスされる旨味が半端ない。ソーセージ単体でもめちゃくちゃ旨いのにハリッサをつけた瞬間旨さのレベルが変わる。このハリッサを小瓶で買って帰りたい。

この『Pignon』というお店、料理自体も旨いのだがソースの旨さが段違いである。

新秋刀魚とズッキーニと小魚のフリット

今シーズン初秋刀魚である。毎年の事だがその年で一番最初に秋刀魚を目にした時はもう秋が来たものかとハッとします。

添えられているのはマヨネーズのソースなのだが、これが無限大に旨い。ホワッホワの秋刀魚とカリッカリの衣のフリットだけでもMAX旨いのに、このソースはその旨さを1レイヤー上の旨さへと昇華させるのだ。

このソースは完璧に旨いのでバケツ一杯分を買って帰りたくなった。

 モロッコ風サラダ

日本でこんな料理が食べられるとは・・・という感じの異次元サラダ。上の赤いのはビーツで、その下にはブロッコリーやトマト、玉ねぎなどが潜んでいる。

この味付けがマジで謎で、パクチーが入っている事しかわからない。こんな料理異次元すぎて食べるのも初めてだし、何の味なのかも分からないのに、とにかく訳も分からず旨い。

自分が知らない味を食べれた時って嬉しいですよね

子羊のローストとマッシュポテト

ニンニクが効いたマッシュポテト、スパイスとトマトのソース、そしてハリッサが織りなす味のオーケストレーション。完璧な一品でした。

 ティラミス

ラム酒たっぷり、フルーツたっぷりの大人っぽいティラミス。

皿がおしゃれなのですがそこが一点しかないのでフォークで突くたびにグラつくのが難点。

この料理たちとワインを3杯くらい、コーヒーを1杯ずつ飲んでお会計は17,000円ほど。ぱっと見高く感じますがどの料理もボリュームがたっぷりだし、そもそもの話とんでもなく美味しくて、おそらく日本中探してもここでしか食べれない味なので実際のとこ高くはないです!

 

おわりに

2人で行くのもいいんだけど、一つ一つのボリュームが結構あるから、大人数で色々頼みながら食べるのも良いかも

 

関連記事・スポンサードリンク