近況あれこれ – 2017/3/21



チキンタツタが好きだ。

もしチキンタツタがレギュラーメニューであったなら、先日行われたマクドナルド総選挙においても、ダブルチーズバーガーを抑えダントツ1位人気であったことに疑いはない。チキンタツタのあっさりとした生姜ソースの味わいには、昨今のバーガーのようなケチャップ・マヨネーズなどのこってり調味料とは全く違ったシンプルな美味しさを織り成し、ハンバーガーチェーンでは唯一無二の地位を保っているのである。

では何故そんなチキンタツタはレギュラーメニューではないのか。

あれは確か僕が小学生の頃である。中国からやってきた鳥インフルエンザが世界中で猛威を奮っていた頃である。その鳥インフルの影響を鶏肉の化身たるチキンタツタが受けない訳がない。憎っくき感染症によってチキンタツタはマクドナルドのレギュラーメニューからは姿を消すことになったのである。

しかし根強い人気によって、こうやって年に1度だけは僕らの前に姿を現すのである。僕とチキンタツタ、その関係はあたかも彦星と織姫と似ていると言っても全く過言ではない。何はともあれチキンタツタ、美味しすぎる。完全に愛している。次に会えるのが1年後とは、何とも残酷な運命である。

 

花粉


ここ最近は何をするにもこいつが邪魔をする。朝起きるとくしゃみが止まらず一瞬で鼻水トランス状態になるし、四六時中鼻がムズムズしてしまい集中力が決定的に低下する。コンタクトを入れようものなら目を直ちにゴロゴロさせ、かといってメガネをかけて出かけるとマスクのせいで曇ってしまい前が見えない。仕方がないので外にいる間はメガネを外してマスクをつけているのだが、その際の視力が0.01を切っているのでなんとも不便である。

薬を飲んだり、イオンで花粉をシャットアウトするスプレーを使ったりもしているのだが、以前耳鼻科の先生に『あ〜重症だねぇ』と言われるほどの花粉抗体の持ち主である僕は、薬を飲んだくらいでは症状は完全には抑えることができない。じっくりと春が過ぎるのを待つばかりである。

この病気のせいで国民の生産性がどう考えても2割は低下している。なぜ日本や世界は総力を挙げ、国家プロジェクトとしての打倒花粉症を試みないのか、不思議でならない。

 

ブログ


実に3週間近く、ブログの更新をサボってしまった。あまりにも忙しくとても書いている暇もなかったので仕方がない。だがこの3週間のブランクから学んだ事もあった。地頭は転んでもただでは起きない。学んだ事、それは書きたい事は書きたい時に書かなければならないという事である。3週間の間に記事にしたいことは沢山あったのだが、そういったものを今時間ができて書こうとしてみてもなかなか筆が乗らない。ブログ書きとして未熟である事も影響しているのかもしれないが、書きたい!というテンションに身を任せて書いた文章の方が絶対面白いし深みもあるはずである。

幸い生活も落ち着きここからはブログに時間を割けそうなので、書きたいことを書きたい時に書く生活をしたい。

 

倉科カナ


倉科カナが本当に美しい。現在29歳だという彼女、美しさと可愛さが同居したアフロディーテの様な存在である。ここ最近は3月のライオンの映画公開に合わせてメディア露出が増えており、TVをつけるたびに彼女が出ているので、今世の男性の注目を最も集めているのは間違いなく倉科カナであろう。動いている姿が殊更に美しい。来クールにドラマとか出てたら絶対見る。誓う。

 

フジロック


サニーデイにサンボにくるりにオザケン、今年のフジロックは夏も尻尾を巻いて逃げ出すほどのアツさである。観たいアーティストを挙げればキリがないが、それでもオザケンはやはり別格であろう。

嗚呼、オザケン。僕よりオザケンの事を愛して止まない人なんてごまんといるのだろうけれども、それでもため息が出るほどいい。Mステであっさりとフジロック出演を公表した時は冗談抜きで泣きそうになったものである。昨年のライブで披露した新曲群はいつまでも僕の心を捉えて離してくれないにも関わらず、決して振り向くことのない乙女のように音源化の気配すらも見せてはくれない。嗚呼、オザケン。フジロックがますます楽しみである。

ちなみに第二弾があまりにも良かったために既に通しチケットと場内1の駐車券を購入済みである。今年は売り切れそうな気がするので行きたいと思っている方はお早めに是非。

 

ハンガー


小見出しでハンガーってなんだよな。

クローゼットのハンガーを全て入れ替えたのだ。元々アメリカのTargetというスーパーで売っている10本で3ドルくらいのプラスチックのハンガーを使っていたのだが、プラスチックなので壊れるし、壊れた時の補充ができずに困っていた。ネットで調べると金属製で首が回るハンガーが使いやすいらしい(プラスチックのやつは首が回らないタイプだった)楽天市場に良さげなものがあったのでまとめて購入。性格的にハンガーが揃っていないのは絶対に許せなかったので、総数60本のハンガーを全て入れ替えるに至った。

その過程でもう着ないだろうと思われるような服をまとめてメルカリに出品。売れる売れるとは聞いていたがこれがなかなかどうして売れる。町の古着屋では二束三文で買い叩かれるようなニットが2000円や3000円で売れていくのである。CtoC市場の拡大を感じた。

話をハンガーに戻すと、金属製のハンガーは大正解。滑りがいいので服が取り出しやすいし、丈夫だし、洗濯物を干すわけでもないので錆びない(僕が買ったのはメッキなので元々錆びない)見た目もスッキリしたし今後はここのハンガーをずっと使い続けることになりそうである。

 

やりたいこと


最近は忙しくて家で料理をすることがめっきり少なかったが、せっかく落ち着いたので家でたくさん料理をしたい。一人暮らしで自炊をしていると、急に外食をすることになり、買った野菜を使い切れずにダメにしてしまうことが多かったが、しばらくは飲み会の予定も少ないし、たくさん料理したい。具体的には野菜や肉を使い切るローテーションの組み方をマスターしたい。

ジャガイモや玉ねぎなどの根菜は日持ちするからいいけれども、葉物は寿命が短いし今まであまり使ってこれなかった。仕事があまり忙しくない今のうちにいろんなレシピを体得し、残り物を最大限活かしきることのできる自炊スト(ジスイスト:自炊する人のこと)になりたい。

 

おわりに


愛すべき友人達の影響でSuperchunkとInto it, Over itに激ハマりしている。元々こういう洋楽インディー・オルタナみたいな音楽に触れてこなかったので、僕の中でこの手のジャンルの音楽はものすごく新鮮に鳴る。

このSuperchunkの『Hyper Enough』とかはもう本当宝だと思う。こういうバンドは世界に2000組くらいあると思うけど、この曲はその中でも一等光り輝く宝石のようなもので、ものすごく尊い。ただ音源は録音環境が良くないので音圧が全くといっていいほどない。本当は電車でもオフィスでも爆音で聴きたいのだがそこだけが惜しい。これからもっとこっちの方もディグって行きたい。

 

 

Twitterではもっとライトにカルチャーの事呟いてます!→@repezen0819



COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […] 前回の近況はこちら→近況あれこれ – 2017/3/21 […]