新木場Coastで『銀杏BOYZ』を観た

新木場Coastで『銀杏BOYZ』を観た

銀杏BOYZは僕の教科書である。ライブでは大声出して歌ってもいいということ、下手クソな歌でも感情は伝わるってこと、君が好きだというそれだけで僕は嬉しいということ、全部銀杏BOYZから教わった。

思えば高校時代、軽音部だった僕とそれ以外の同級生を繋ぐ最大公約数的なバンドは大体銀杏BOYZだった。お前も銀杏好きなの?みたいな切り口で仲良くなったやつもいた気がする。それくらい銀杏BOYZってバンドは僕らにとっては普遍的で、常識に近い一般教養みたいな音楽だった。

突然だけど僕は別に、銀杏BOYZに人生を変えられてはいない。誤解のないように言っておくと銀杏は好きだ。思い入れのある曲は1曲や2曲どころではないし、高校の頃はカバーもしてた。けれども銀杏を聞く前と後で、僕の人生に劇的な変化は別段無かったのである。

恐らく銀杏BOYZって、少なくない数の人の人生を変えたバンドで、峯田の曲に救われた人なんて僕らの世代にはごまんといるはずである。それぐらい、峯田の感情剥き出しの歌と、遠慮なく胸を抉ってくる歌詞は素晴らしい。こんなにも愚直で童貞臭くて、それでいてかっこいいバンドって他にはあんまり思い付かないし、日本のフロントマンの中でも峯田の存在感やカリスマ性は突出していて、そりゃあ銀杏、人生変えるよなって思う。

でもだからこそというか、銀杏BOYZには人生を変えられているべき、みたいな空気ってなかっただろうか。

少なからず僕にはそう感じている部分がどっかにあって、「銀杏に人生変えてもらえてないコンプレックス」とでも呼ぶべき、実に卑屈で天邪鬼な劣等感を自分でも手の届かない場所に抱いていた。「漫画は好きだけどドラゴンボールは未読」とも似たこの感情はなかなかにタチが悪く、ドラゴンボールを読むことで解消できるドラゴンボール・コンプレックスと違い、銀杏を聞いても人生変わらない奴は何回聞こうが色んな角度から聞こうが人生は変わらないからである。

くれぐれも言っておくと、銀杏に人生を変えられた人達を批判している訳でも、ましてや銀杏自体を責めてる訳でもない。ただ僕の一方的な劣等感のせいで、「銀杏BOYZを好きな気持ち」にどこか自信が持てなかったというだけの話。銀杏に人生変えられた人の方が絶対銀杏好きだし、それと比べて俺の銀杏好きってなんかペラくない?みたいな。

ところが銀杏ってやっぱり凄かった。

今の銀杏は僕の知っている頃とは大分違って、チンくんや村井の代わりに峯田のバックを支えているのは元andymoriのベースとドラムだった藤原・後藤と、僕のあまりよく知らない若いギター2人。彼らは全員めちゃくちゃ楽器が上手くて、めちゃくちゃ音がデカくて、昔とは違うけど今の銀杏はとにかくとんでもない。とんでもなく良い。銀杏に人生を変えられてなくったって、このバンドの事は全力で好きでいていいんだって力づくで納得させられるような、そんな暴力的で圧倒的なライブだった。

実は僕は銀杏を生で観るのはこの日が初めてで、ずっとYoutubeでライブ映像を見てるだけだった僕には偉そうなことは何も言えない。今と昔のどっちが良いとかは人によりけりだし、僕からしたらどちらも最高。けれどもとにかく、この日の銀杏BOYZのライブは劇的で、思うのは昔から僕は『銀杏BOYZ』が大好きだし、絶対にこれからも大好きだって事である。

 

Twitterではもっとライトにカルチャーの事呟いてます!→@repezen0819



COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […] →新木場Coastで『銀杏BOYZ』を観た […]