旧正月(春節)の香港に行くとこうなる!

旧正月(春節)の香港に行くとこうなる!

行ってきました眠らない街・香港&マカオ!!

それも旧正月のど真ん中に!日本で言うところの1月3日らしいけど遊びまくるっしょ飲みまくるっしょって思っていたら思わぬ誤算がたくさんありました。

ちなみに僕は丸々4日間滞在して、うち1日はマカオでギャンブルに溺れました。3日でかなり楽しめたし、街もあちこち見れて、なおかつ中華料理に飽きる前に帰ってこれたので丁度いいサイズ感の旅行だったなって感じです。

というわけで、今後旧正月に香港&マカオに行こうと考えている人のために、わかっていて欲しいことを10個ほど紹介していきます!



1. 英語が通じない!

歴史に造詣の深い僕なら香港がイギリスの植民地であったことは言うまでもなくその時代の名残で公用語は中国語かもしれないが大部分の人々は英語が話せるでファイナルアンサー!って思ってたらまじ誰も英語話せなくて笑いました。まあ多分旧正月に限ったことではないですが。

街の人たちが話せないのは全然想定内なんですけど、空港の職員や4つ星ホテルのフロントなどなど話せて?っていう人たちも話せなくて結構困りました。稀に話せる人はいるけど訛りが半端ないので聞き取るのには苦労します

その代わりに日本語がちょいちょい話せる!競馬に行った時は日本語が超堪能なワンさんに馬券の買い方を一から教えてもらいました!レストランとか言っても普通に通じる人がちょいちょいいて助かりました

 

2. 飲酒の習慣がない!

これはまじで今旅行で一番の誤算。

そもそも香港の人々には『食事と一緒にお酒を楽しむ』文化がありません!飲茶は読んで字の通りお茶を飲む場所なのでお酒を置いてあるところは激レアです。店に入って英語の話せる店員さんを探して『青島(チンタオ)???』って尋ねて無かったら次の店を訪ねるという飲茶リセマラのようなことをしてやっとビールが置いてあるお店を見つけた時には6軒目でした。

もちろんナイトライフはあるのでバーとか中華以外のレストランに行けば大体お酒はあるのですが、香港行ったらみんな飲茶食べますよね。その時にお酒を飲むのが実にハードであることを覚えておいてください。

ちなみに、香港ではビール・ワインに酒税がかからないので、コンビニで買うにしてもお店で飲むにしても若干安めです!ただしハードリカーは課税対象なので注意!

 

3. 物価は全然安くない!

むしろ香港の物価は高いです。水のペットボトルが14ドル(=200円)くらいしたりする。ファッション系は安くはないんですが何分旧正月なもんでセールがあちこちでやってます。結果的にちょっと安いかな?って感じでしたね。

安いのは飲茶くらいのものです(お酒を飲めないからという説が濃厚)

 

4. タクシーが安い

公共交通機関はメトロや路上バスなど幾つかあるのですが、タクシーがすっごい安い!旧正月だからって捕まらないなんてこともなかったし、一番便利な交通機関です。

初乗りが22ドル(=330円)とかなりお求め安く、30分くらい乗っても120ドル(=1800円)とかで済むので行きづらいなぁって思ったらすぐさまタクシー乗るべき!

ただし注意しなきゃいけないのは、目的地に向かう方向の道路じゃないと絶対に拾えません。止めても絶対拒否られる。なんでかはわからないんですが多分Uターンが出来ない国なんじゃないすかね多分。

 

5. 店はガンガン開いてるけど人はいない

日本で1月の2〜3日って言ったら店なんて大体閉まっててやってるの磯丸水産くらいなもんですが香港は全然そんなことない

まあ全部開いてるかって言われるとそんなことはないんですが僕らが行った店は大体開いてたし、街歩いてても普通に賑わってました!元々世界的に見ても人口密度の高い都市ではあるので人はまあたくさんいる。

ただ現地に住んでる友人曰く『春節だし驚くほど町に人がいない』そうです。僕は普通に結構人いるなぁって思ってたんですけどね。笑

 

6. マカオまでのフェリーがバカ混んでる!

これは旧正月特有のものなのかはわからないですがマカオ行きのフェリーの予約が全然取れない!

大体フェリーが3社くらいあり、一番安いコースだと大体往復400ドル(=6000円)くらいで行けます。が、これがなかなか予約取れない。特に1〜2日前とかだと予約がいっぱいらしく全然予約がとれず、止むを得ずプレミアムコース(900ドル=13500円)で行きました。ちなみにプレミアムだと行き帰りでご飯が出ます。笑

マカオに行く日が決まっているなら早めに予約した方が無難!

ここで予約できます:http://www.turbojet.com.hk/jp/

 

7. Wi-Fiが多い!

これはもう時代の潮流なんでしょうけどWi-Fiが結構豊富。5日間のSIMカードを空港で買おうか迷ったのですが無くてもなんとかなりました。けどまあ肝心な時に使えないと困るのでSIMカード購入が無難ですけどね

ちなみに僕らは『Cosmo Hotel』ってとこに泊まっていたのですが、ここには各部屋に1台スマホが置いてあって、滞在期間中は自由に使えるようになってます。電話もかけられるし、Mapも見れるし、テザリングで自分らの携帯も使えるようになるのでこれには大いに助けられました!

Cosmo Hotel Hong Kong : http://www.cosmohotel.com.hk/jp/

 

8. 全体的にすべての時間が遅い!

流石は眠らない街・香港、デパートとか11時くらいまで開かない代わりに22時くらいまで開いてる!

飲食店は0時で閉まるとこと夜通しやっているのが半々くらいなので眠らない街・香港って感じがして最高だし、かといってカフェとか朝からやってるし、早い時間から動ける人は朝から観光してもいいかもしれないですね。

僕らは大体3時くらいまで飲んだり遊んだりしてホテルを出るのは13時過ぎてましたが十分楽しんだ実感はあります

 

9. 暑くはならないけどちょっと寒くなる!

20℃って言われてもピンとこなくないですか?

僕は大体日中は下ジーパンに上はTシャツ+パーカーで過ごして、夜になったら軽いアウターを羽織る感じです。僕は寒がりなので羽織ってましたが暑がりな友人はパーカーだけでもいけてました

晴れてたら日中はTシャツでも全然いけちゃう、けど香港はどこも冷房がかなり効いてるので油断せずパーカーORカーディガンを持っていくのがベターです

 

 10. 買い物<食事<<<ナイトライフ・夜景

まあこれは人それぞれだと思うんですが、4日間行った結果一番楽しかったのはクラブと夜景でした!

ショッピングは一つの楽しみだと思ってたんですけど、香港にあるものは大体日本にもあります。わざわざ時間割いて買い物しなくてもいいんじゃないかなぁって思いましたね。

食事はやはり飲茶が最高!安いし美味しい!現地で知り合った人が教えてくれた『太湖海鮮城(Tai Woo Seafood Restaurant)』 がミシュランの星もついてるし、安くて全部美味しくてまじ最高でした。

あとは香港の繁華街である『蘭桂坊(Lan Kwai Fong)』が華やかで楽しかった!日本でいうと新宿?歌舞伎町?みたいな感じ。クラブがたくさん集まってて、飲み屋も店の外までテーブルが出てて、スピーカーででっかい音で音楽かけまくってるみたいなとにかくチャラい!眠らない街って感じがして素晴らしかった。旧正月だからなのかものすごい動員で、どこのクラブ行ってもほぼ満員でした。

そして何より夜景な。一番有名なのはVictoria Peakの『100万ドルの夜景』だと思うんですけど、行って欲しいのは完全にこっち。『Woo Loo Moo Loo』の湾仔(Wan Chai)店!現地の人も下手したら100万ドルの夜景より綺麗っていう触れ込み。

ビルの31Fはステーキハウスになっており、行くべきなのはその上のルーフトップ・バー。屋上にバァーッと開ける香港の夜景はビューリフォーの一言。あんなとこ男の人に連れてかれたら男でも惚れるわってレベル。行ってみて。寒いからあったかい服マストです。

 

Twitterではもっとライトにカルチャーの事呟いてます!→@repezen0819