ポップスのド本命、ayU tokiOが示した『新たなる解』という金字塔について

ポップスのド本命、ayU tokiOが示した『新たなる解』という金字塔について

年の瀬のランキング系記事ラッシュの時期に妙に名前が挙がるこの『ayU tokiO』

曰くテン年代以降のポップミュージックの大傑作

曰く2016年の叡智がここにある

ここまで言わせしめる『ayU tokiO』の1stアルバム『新たなる解』、あまりに気になったので聞いてみた僕なりにレビューを書いてみます!



『ayU tokiO』とは?

僕もこの記事を書くにあたって少し調べました。そもそもこの『ayU tokiO』は猪爪東風(イノツメアユ)という人を中心に結成されたバンドなのですが、その猪爪の経歴が凄い

2007年ごろから様々なバンドで活動を行ってきたらしいのですがアーティストであると同時に、バイクを愛し、また様々なアーティストから愛されるギターのリペアマンだという猪爪。

在籍していたバンドの中にはPOLTAやthe chef cooks me(!)などのバンドも。(the chef cooks me といえばアジカン後藤がプロデューサーについていたこともあり『回転体』をバッチリ聞きまくっていた僕である)他にも柴田聡子のエンジニアや、ソロプロジェクトなども経験し、満を持してスタートしたのが猪爪率いるこの『ayU tokiO』なのだそう。

『新たなる解』の感想

さて、猪爪の経歴をしっかり理解した上での感想だが、1曲目のリードトラックである『恋する団地』を聞いた瞬間から、「ああ、これはすごいな」と。

秘密の中へ 僕も一緒について行ってもいいかな

というフレーズで始まるこのトラック。たっぷりと贅沢にコーラスを盛り込み、管楽器やフルート、ストリングスまでもがとんでもなく緻密な計算の上に配置されている。その上に自由に、時にはその枠組みから外れてるんじゃないかと思うくらいの奔放な詞が乗るのだが、その歌詞がまた計算され尽くしている気がするのである。さりげない押韻やふんだんに盛り込まれた色彩がその脱力したボーカルと耳障りのいい声でさらりと歌い上げられる。

その心地良さと世界観にたっぷり魅了されて1分20秒、こんなフレーズが飛び込んでくる。

21世紀の世界はこんなに素敵さ

ああ!もう!たまらん!まるで西脇順三郎が『天気』で自身を神と称したような圧倒的な自信をこのフレーズから感じるのである。そしてこの歌詞が示す通り、ポップスの新境地を切り開くような1曲目から僕の胸は高鳴りっぱなしである。

そんな1曲目から始まり全10曲、そのいずれもが全く違うポップスの要素を含んで鳴り響く。捨て曲無しのこのアルバムが大傑作と絶賛されているのも頷ける。個人的には『乙女のたしなみ』と『ちょっと一息』が本当にたまらん。サラッと聴けるアルバムの中でこの2曲のそれぞれサビが持つインパクトというかパワーと言ったら、ため息が出ちゃう。『東京メトロは彼を連れてくるわ』『ちょっとタバコ一本だけど火なんて持ってないのね』文字に起こしてしまうと途端にその輝きが失われてしまうのが本当に惜しい。

よく珠玉のポップスとか、極上のポップスという言葉を耳にするけど、このアルバムは正にそう呼ぶにふさわしい。スカートとも、カジヒデキとも、オザケンとも、口ロロとも違う2016年の最新のポップスがここに鳴っている。そんな名アルバムに2016年のうちに出会えて幸せなばかりである。

 

Twitterではもっとライトにカルチャーの事呟いてます!→@repezen0819