恵比寿『中村玄』はパクチーの楽園

恵比寿『中村玄』はパクチーの楽園

恵比寿の駅からほど近く、看板・案内など全く無し。普通のマンションの一室に店を構える予約必須の名店『中村 玄』

マンションの1室っぽいという事を知らなければ、絶対に1人ではたどり着けない自信があります。

過去2度ほど予約を取ろうとしても取れなかったこの人気店。会社の先輩がたまたま予約が取れたそうで、ご一緒させていただきました!



感想

会社の先輩曰く「行きたい日に予約を取るのではなく、予約を取ってから行く人を決める」そうです。今後僕も見習います。

まずは何と言ってもお通しのパクチー。

葉っぱから茎からあまり食べることのない根っこまで、パクチーがそのままどっさりと盛られてきます。これがおかわり自由だってんだからパクチー好きにはたまらない。

脇の2つの小皿はパクチー用の醤(タレのこと)

手前の茶色いのがピーナッツっぽいタレで、奥の緑のはよくわからないがスーパー美味いタレ。どちらのタレもパクチーが無限に食べられて最高にアディクティブ。

 酔っ払い海老(1尾500円)

海老の紹興酒漬け。この酔っ払い海老マジで旨すぎて全員おかわりしました。

渋谷『月世界』の酔っ払い海老に代わり、「ベスト・酔っ払い海老・エヴァー」の称号を手にした逸品です。

羽つき餃子

羽がカーテンのようになっている餃子。黒酢をつけて食べる。一個一個が大ぶりで美味しい。

激辛パクチーサラダ

「赤くない辛さが一番辛い」という事を僕らに教えてくれるサラダ。

これほんとマジでやばい。初台の激辛ラーメン『ほたる』に匹敵するレベルの辛さ。頼む時店員さんが「うちのパクチーサラダ本当に辛いですが大丈夫ですか?」って聞いてくるけどもっと真剣に止めた方がいい。この辛さは最早店員の悪ふざけです。

一口食べただけで頭クラクラするし、口の中も唇もヒリヒリと超痛い。完食できる人が結構信じられない。全員一口食べてギブアップしました。

羊肉の唐揚げ

背徳的に美味い。肉の臭みは揚げ物にすると衣に臭みが封じ込められて旨味に変わるって事を知ったのは『食戟のソーマ』ですが、これがそうかと納得する美味しさ。

パクチーと一緒に食べると完璧なコンビネーションで美味い。

この日のメインディッシュである火鍋は、s世にも珍しい汁無し火鍋。

鍋底となる野菜は日替わりで決まっており、肉・魚介・きのこ・豆腐などなど追加する具を自分で選ぶタイプのカスタム火鍋。ただしどんなに選んでも具の半分は唐辛子。

とはいえこの唐辛子、そんなに辛くない。火鍋にエッセンスが溶け出していて、身体の中からあったまるようなじんわりとした辛さが食欲をそそる。

シメにはラーメンとご飯が選べて、僕らは海老出汁のラーメンをチョイス。これも完璧に美味しいので完璧な鍋である。

おわりに

これ以外にもザーサイやチャーハンなども頼みお腹いっぱい。お酒も1人5杯くらいずつ飲んで1人7500円ほど。お値段は相応だが、この満足度なら是非ともまた来たい。

あとここの青島(チンタオ)ビールは、普通の緑の瓶のやつではなく『青島プレミアム』

このビールが最高にライトで美味しく、サクサク飲めてしまうので曲者である。

 

Twitterではもっとライトにカルチャーの事呟いてます!→@repezen0819